米子駅

(山陰本線・よなご) 2012年7月

大きな駅は、大きな駅らしく…
車輌の巣。
ようやく都市に逢着した。
改札口を見通して。
中央陸橋より4番のりば松江方。
波板山型の上屋。
早くもアーバン仕様の椅子が。
都市ですから。
西跨線橋前。わざわざ四角の吊り下げ標示に「4番のりば」と書いてある。
中央陸橋。
西跨線橋は閉鎖されていた。
何かと色が賑やか。
 
4番のりば鳥取方。
西跨線橋を越えて。
喫煙コーナー。
キハ40系がいくらでもいるヤード。
詰所。
かつては長大編成の客車が…
駅ビルとほぼ同デザイン。
「さ、今日の常務も終わったし、帰るか。」
「明日は非番だから、貴重なオフだな。広島でも行ってみるか。」
「背広組もいいけど、やっぱ気動車動かしたいねぇ。」
車で直接乗り付けられるのがおもしろい。
「いやぁ今日も疲れたよ」
「ヨシ!」
裏のこちら側は古いデザインが残っていた。
4番のりば西跨線橋より鳥取方。
ちょっと松阪駅を思い出していたり。
5番のりばからの風景。山陰の特急気動車が眠っている。
給水塔があった。
運転系統は米子で分かたれる。
 
1番線のりばを見通して。
いまはまだどこにでもいるが、 このマニュアル的な車もいなくなってしまうのだろうか。
吐きそうなほど暑かった。
 
西跨線橋を望む。
やくも停車中。
暑いときはコーラを買って飲む!
 
 
 
4番のりば中央陸橋より鳥取方。
 
このごちゃ感が良い。
4番のりば中央陸橋より東跨線橋を望む。同じ色の跨線橋が東西にある駅。
4・5番のりば東エリア。基本的にこちらの方が人は多い。
 
中央陸橋階段。
5番のりば東エリアよりヤード。
待合。
4番のりばより東跨線橋。
こちらの方が昔の面影が濃かった。
0番のりばは境線。
東跨線橋を越して鳥取方。
こういうところ、落ち着く。
0番のりばを見通して。
4番のりばより2・3番のりば。
 
 
至中央陸橋。
東階段より同ホーム。
 
少し昔のまま。
以前はポスターなんかなんもなかったのだろう。
変える必要もないので…
2番のりばより0番のりば。
ラッセル車。伯備線で活用されるのだろう。
 
 
少し新大阪を思い出したり。
0番のりば。
この辺は誰も来ず。
 
 
やくも。岡山へ。
3番のりばより4・5番のりば。
「海、山、旅のドラマは米子駅から」  こういうのって誰が考えるのだろう。
高岡でいう氷見線か。
2・3番ホーム西エリア待合。
確かに岡山の薫りがしないでもなく。
新しい椅子。
 
鳥取方。
 
時計は変わらずアナログ。
今はほとんどの人がこの陸橋を使う。
木組みが美しい。
当ホーム主要部。  
1・0番ホーム。
今にも客車の来そうな…
中線跡がまぶしい。
波板に三角屋根の上屋。
2番のりばより松江方。
新陸橋袂。
 
2・3番のりば待合部。
3番のりばより鳥取方。
高架駅と違ってすかすがしい。
 
3番のりば松江方。
 
駅ビルと1番線。
米子もこういう待合室も作られるようになったんだなと。
鳥取方。
 
松江方。
 
ホームに椅子は意外に潤沢な印象。
 
快速アクアライナー浜田行きが入線。
みんな乗りたいアクアライナー。
 
米子運転所とキハ40系気動車。
あたりは恐ろしいほどの暑気に包まれていた。
 
 
米子と隠岐、七尾と能登…
夏の一景。
鳥取方。
改札口を望んで。
 
水場跡だろうか。
1番のりばには店が軒を連ねる。
駅そばはホームでも受け取れる。
 
 
 
西跨線橋。
 
 
右手は伯備線から来た列車。岡山から。
 
 
 
 
 
鳥取方。
 
 
新しいものもあり、古いものもあり。
 
中央陸橋階段より。次の列車は特急やくも出雲市行き。
 
 
 
当然エアコンなどなく。
 
 
 
 
改札内改札前コンコースホーム。
 
ほんと機関車が来てもおかしくない佇まい。
皆生温泉とか忘れてた。
 
少し前までみんなあの階段まで歩いたのに。
 
都市にふさわしい改札口。
こういう形態は残っていてほしい…
山口県風。
 
 
 
金額式の切符を見てすぐここまでのかわかるって… 昔はどこもそうだったけど。
1番のりばより鳥取方。
 
 
 
ちょっと迷路っぽい。
新旧混合のタームだった。
 
 
待合部。
なつかしの上屋。向うにはヤード。
鳥取方。
明り取りで照明節約。上屋の大きい昔の駅にはしばしばみられる。
 
境線ホーム。
周防風。
こんなふうに水木しげるにちなんで鬼太郎押しのホームとなっている。 由良駅ではコナンだったなと。
ゲケゲの鬼太郎て、長いこと観てないな。
小泣きジジイなど。
 
いろいろな妖怪がいるようですが… 畸形人物や異常人物を見誤った説もあるようです。
 
 
こっちの屋根は少し残念。
これで観光客や利用者が増えてくれれば…
お金かけてますね。
 
 
 
なんか建物がおもしろかった。
 
 
新見や岡山に帰っていく黄色い電車。伯備線は電化済み。
 
荷物通路は残されたようです。
 
この先は禁止となっていた。当然だろう。
かつてはこうして西階段を下りて人々は改札に向かっていったわけだ。
 
 
 
駅ビル内にて。大山のタイルアート。クロッキー風。
出札コーナー。
さずかに列車別改札はしていなかった。
 
 
 
 
 
「ようこそ山陰・米子へ」
 
 
「見つけてください、あなたの山陰」米子駅長
 
2階はレストランがある模様。
少しハイソな感じがしている。
 
 
食券式だった…
片側は催事場になったようです。
いやあごちそうさまでした。
ビアガーデンの役目も兼ねているのだろうか。
下界に降り立って。
ちょっと全体的に白すぎるかな。
おみやげ街道。
観光案内所。
 
左手のような露天商は鳥取駅にもいたなあと。 東京でもときどき見かけるけど。
店は両脇にあります。
米子の銘菓てなんだろうな。
ホームからも買える店。
今となってはまぁ古いスタイルですね。
緑の行燈の店は常にうまそうに見える。
 
米子駅は懐が深い。
こちらの喫茶店はどこがやっているのだろうか…無人だった。
 
米子駅の穴場スポット。冷房ガン効き。
こちらは勝手に座ってはいけません。 こんなところでクリームソーダ飲みたいな。
ほぼどんつきにて。階上は米子支社だと思う。
こういうところにっそりとある本屋もよい。 昔はガイドブック片手が当たり前だったな。
 
 
至バス乗り場。
 
至コンコース。
キオスク頑張ってるなと。
 
 
 
東は鳥取、西は五十猛まで。山陰のど真ん中だが、新見や備中神代が見えているので、 岡山は遠くはないかなと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
むわぁという夏の空気…
こりゃかなり大きな街に来たなと。
モニュメントはホタテ貝。ではなく、米ッ子合掌像だそうだ。
松江方。
ここが米子駅出入口。
 
整備は完了して久しいようだ。デザイン的に、鳥取より少しあとぐらいかな。
米子駅その1.
混雑していなくて助かった。
大きな機関区を待つ駅には必ずといっていいほどある。
米子駅その2.
 
何か意味ありげな石が…
 
駅ビル内に飲食店は多い印象。
いかが?
こう見ると鳥取駅っぽい。
かつてはこの辺までロータリーだったと思われる。
デザインはパビリオン未来風。
このあたりは中の人エリアになってくる。
米子駅荷物取扱所。
全国交通共済生協米子事業部とあるけど、なんだろうか。
「さぁ今日は宿直だ。」
 
 
米子駅3.
こちらは駅ビル街入口。
バス乗り場にて。
 
とっとり花回廊シャトルバスのりば。
 
 
米子駅5.
6.
埠頭にて。
 
もともと狭隘な道路だったのを何年もかけて区画整理したという。
 
東エリア。
 
公園みたいになっていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
味の名店街。何かの補償だろうか。
こんな感じだった。
 
 
直進は庄原と生山が案内されている。方向感覚からすると違いそうだが、 これで○。
歩いていて県の重要都市だなと。
 
 
こういう複雑な緑地帯好き。
全体的に新しい都市の趣き。
 
米子駅駅舎1.
駅前通り。
米子駅駅舎2.
 
 
3.
ホテルアルファワンを発見。
 
繁華街はどこなんだろう。
 
 
 
 
 
地下道。
 
 
 
 
 
 
米子駅前交差点。
こういう横断歩道って渡るのは旅行者っぽい。
 
 
4.
 
とある通り。
米子駅駅舎5.
米子ターミナルホテル。
すぐに陸橋になっていた。すぐそばにはビッグシップという 米子のコンベンションセンターがあり、なんとなし海を感じさせてくれる。
旅行者として私はこういうところを渡るのか好き。
駅前の敷地たいしてこうやって終わる。
ビッグシップ前交差点。
部落解放月間だそう。この地方はこういう組織が強いようだ。
イオン米子。
高岡に似てる気もする。
 
さぁ目のケア用品を大急ぎで探そう。
 
なんか家庭的な雰囲気。
7時開店出そう。早いね。
 
 
大駅のすぐ近くにあるのはそう多くない。
ちょっと昔の雰囲気。
さぁ駅へ帰ろうか。
釧路とかそういうのを思い出すなぁ。
あの建物がビッグシップの一部。
米子駅駅舎5.
こういう横断歩道も地元の人はあんま使わないかな。
イオン方。
駅前の端のロマン。
レストランやくも。民衆駅の近くにはこういう店があるもの。
なんか駅のよう。
 
 
レンタカー。
 
 
 
 
日本交通バスのビル。三ノ宮や大阪の名が挙がっている。
 
 
地下へ。
 
 
 
裏側へ行く機能は付けられていません。 釧路みたいにしてもいいと思うけど。
 
基本的に駐輪場や駐車場に用がない人は来ないようです。 (道向かいから道路を渡らずにも来れます)
 
夕暮れに…
 
 
 

 泣く子も黙る…と私が勝手に枕詞を送っている米子は、山陰の雄で、複数の文化が集まってくるところだ。北陸でいうちょうど高岡のポジションだとなれば、個性的でないわけがない。そして旅人もそこそこは憧れる。岡山と特急が直通しているけど、雰囲気として広島圏の匂いがしていた。
 不思議駅の名和から乗った私は、伯耆大山のあたりからさすがに人の多い感じがして、ひと思いによなごまで行ってほしいなと思いつつ乗っていた。けれど着いてみるとそんなに張りつめた感じではなく、広大なヤードに朱の気動車や縮小化されたステンレス特急が横たわり、とりあえずは山陰の肝に逢着したんだと、列車降りたてで吐きそうな暑気に感じられる空気の中、私は端のホームに佇んでヤードをしばらく眺めやった。こんなふう自由に…立ち止まれるのも、自分一人だからだろう。まぁ共振する相手はいないが…この先のくたびれた西の山陰の情緒でわが体腔を漫々とするつもりなんだ。
 「それにしても、威厳というより、ちょっと優しさを感じるね。」
 特急やくもがゴォーと音を立てて居座ったままで、真夏の構内の立ちくらみ。何ともいえぬ空気のよどみの中、私は荷物をようやく持ち上げる。しかし陽射しの明るさは清々しかった。これが山陰は米子なのだろうか。

 ひどく官立風の建築物と木組みの上屋が、昔らしい生真面目な当国の人を思い出させる。地方都市には今もそんな気風がないでもない。気動車なんてメンテナンスの塊のようなものさ。
 汽車が着くたびに若い男性駅員がかなりのマイク音量で「ご乗車ありがとうございました、よなご、よなごです! 御忘れ物の無いようにご注意ください。よなごです」
 というのは、ちょっとびっくりするほどだが、この地の勢力に誇りと愛着を感じているように感じ取れた。地名も古くさいような、かわいらしいような、そんな感じだ。
 乗務を終えた運転士が箱の鞄提げてホーム突端の小径を歩いていく。線路をいくつも渡って運転区の巣へと帰っていく。数多の小駅を携える長大な路線の本拠地だ。ここに止まらない列車はない。
 向こうの改札の向うには、人々のどんな雑踏の綾が織りなされているのだろうか。

 妖怪を売りにした境線ホームは民営化してだいぶたったといった思い切った感じだったが、銀ラッチ並ぶ改札の前まで赴くと、官の神経消え切らぬ融和の時代もあったのを実感する。けれど女性駅員ひとりぽっちなのだった。

 コンコースに人は少なくなく、出迎えの人が見られた。何よりも改札上一杯の70年代風の大山の輪郭絵を見て、ここまでするんだ、と。たしかに趣向はちょっと古いけど、そんなことより、大山は当地の人にとって郷土の大切なものなのだろうと旅の私は素直に感心し、大山拝する米子の街の空気を吸い込んだ。

 民衆駅で食事や土産には困らず、鳥取から90キロぶりの大駅ということで、私もにわかに元気づいていた。都市というのは、ほんらいはそんなふうに人々が作り上げた生活上の安心できる場なのかもしれない。つまりはいろんな地域のみやこなわけだ。

 屋内が発達した今、駅前街というのは意外に歩かないものなのたが、こってりした再開発が完了していて、よそにもありそうな地方都市外郭の印象のみで、米子らしさを感得できなかったのは少し残念。もう少し探索しないといけなさそうだ。しかし逆に駅ビルの方にはそれが色濃く残っているのだった。
 とはいうものの、眼のケア用品を忘れたと思い込んでいた私は、この街でしかもう買えない、と、近くのイオンにかなりの速足で特攻し店の人に訊いて、薬局で購入。結局はそういうことなのかもしれぬが、ここで買い逃したら山陰線のどこで買えるのだろう?と思うと、やはり山陰本線を渡り歩く魅力はあるのだった。そう、ここは山陰本線なのだ。本当に本線らしい本線の中継地である。

 日は傾きはじめ、跨線橋からのヤードは熱いカラメルを纏い、朱の多節動物はほぼ払底している。降り立ったホームの上屋の柱は屋根の重みに困じ果て、埃っぽい空気とともに、替わって年輩の男声が「よなご」到着放送を流し、何もかも繰り返されつづけてきたことを感得する。結局はそんなものだったのだった。米子における生活のための営みがあるということだけで、私が放恣に旅を想像していただけだ。

 私はこれからさらに数日、誰にも出遭わぬ、ただ掲出された時刻表のダイヤのみに支配された各駅の時間空間に赴く。鉄道でと、あえて困難を取っているわけでもない。各駅に行くには、こうするのが最も効率がいい。それぞれの建物にべっとり付着したあの時間のただ中に、多繋的・同時的時間感覚のリアルを凌駕する、ただ身体一つの、今の時間をその場だけで同期できる私を出現させる。私が今単体でそこにいるという"リアル"。そういった方法はタイムラグのある伝聞的世界を構築する。その間には必然的にイマジネーションが発生する。そうしてそれは誰かに驚きと発見のベースを作る。閉じられた世界がなければ、開かれたといえるそれもない。同時多繋的なものをまだ閉じたものとして、さらに突破しないのは、私がすべての財物を失ったときに照準を無意識に合わせているからであった。そうして私の訪れる場は、私の意識と時間について閉じ、過去と私自身の内側に多繋的に照射される空間を作ることになる。それはなぜか自分には、自分なりの尽くしきれない誠意だと思えるのだった。




Home/駅名一覧/旅行記一覧