婦中鵜坂駅

(高山本線・ふちゅううさか) 2009年9月

 
富山方の通路。こちらはスロープのみ。その理由は…。
ホームにて富山方。
 
結構大きな調整池がある。新社屋は気持ちよい??
替わって八尾方。
公園と住宅街。
券売機はない。
階段からホームに上がったときの光景。
遠方に踏切があり、あそこ回って駅にアクセスするようだ。
 
婦中鵜坂駅その1.
3. この扉が気になって仕方ない。保守というより法律的なものかもしれないけど。 それは別にして、このホームを島式にする予定があるのかな。また、こちらは階段のみ。
八尾方の通路。自動車は来れますが、来ないでしょう。
ぽっぽ。
あの辺から直接来れると便利なんだけど。
 
これも気になるな。
駅出入口との接続部分。
駅へ。
 
 
ここを乗り越えて…。
逆に、富山方から見た婦中鵜坂駅。
 
通学定期補助の告知。
やっと外に出られる。
 
こんな立派な転回場があるとは。それでこちらはスロープだけだったわけだ。
 
 
構内複線化の日は来るか!?
 
ここを辿っていくと駅に戻ります。

 婦中鵜坂駅、なんて聞くと、昔からある駅の一つにしか思えなくて、ある年、路線図を見たときなんか、 「あれ、こんな駅あったかな。でもこんなとこに新駅できるわけないしな」 しかし、こんな新設だと知り、センスある駅名だな、と、いたく感じ入った。 新しいホーム一つの停車場だが、この名前だけでも下車する価値はある、なんてさえ思って下車。 できたばかりの家々と小さな会社や工場…。おもしろくなさを絵に描いたようだ。 しかしこういう町が成り立つのも、大きな歴史を包有する北陸のさなかにがあるからだろう。 それを駅名だけが暗示している。

 踏切の新設が難しいので、向かいの住宅街からのアクセスが気になり、また会社を見ては勤めはおもしろくないなと思った。もとい、こんなところに旅行で出遭うのも楽しくないが、真面目な人の人生の旅を想わないではなかった。かといってその人々もそれらを擲ってまで旅に出る必要はないのだろう。私もその人も、お互い退屈のさなかにあるようだった。

 時刻になると、若い人たちがやってきて、新駅であることなど意識せず実に何げなく列車を待っている。同じく見学に来たのかと思いきやそんなことあるわけなかった。通りに店を出せばある程度は人が集まってくるように、駅も利用されるかのように思われた。その程度の見立てで開業するものではないにもかかわらず。しかし駅とは意外にそんな単純なものかもしれないな、と、ふと思う。私は駅においては客体ではなく、観測者になりたがった。しかしこの真面目さや真新しいさは、私自身も迷える旅人として強制的に型変換されてしまった。

 彼らを運んだ下りを見送った。一人で暑い中、真っ白なコンクリートでできたホームに屈んで、焦げ茶の柵に鞄をもたせ掛ける。人なんか来ないから、水袋みたいに重たい鞄は置いて、身軽に駅から繰り出した。何気なく住宅街路に接続しているだけだ。晴天がもったいないなぁと思いつつ、ホームで空を仰ぐ。まだ夏草の匂いがあたりから渡ってきていた。けれど千里にいたときほどの焦りはもう感じない。ただ駅旅の中に、何気なく生きている自分がいる。元気出したいと思った。


Home線名一覧旅行記による一覧