東釧路駅

(根室本線・ひがしくしろ) 2010年9月

列車行き違いでにぎわうホーム。
数名が慌ただしく列車乗ったり、乗り換えた後は静寂が広がった。
旅人は買い物できるところに敏感だ。
ホームから見た駅舎。
木造の上屋が残る。
土に埋められた白破線。
もう貨物の面影もない。
 
おそらくあちらの道路も線路だったと思われる。
釧路方。
文字通り牧歌的。
釧路方。
釧路方。ここで花咲線と釧網線は合流する。
 
なんともいえない湿っぽいホームだった。
長年絶えてきたのが偲ばれる。
ペンキのない方が恰好よい。
魅力的な長い小径。
この辺は舗装してあった。
ワンマンのための設備が立ち並ぶ。
崩れ防止にL字鉄枠。
なんとなし西富山を思い出したり。貨物駅は大概に似ている。
厚岸・釧路湿原方。信号がそれそれに設置されている。
 
 
 
 
なんともかわいらしい駅だった。
 
駅舎内の様子。なかなか凄味があった。
 
ほんとに寂しい感じ。
 
いきなり広がる大駐車場。
 
石積みのびくともしない駅舎。三匹の子豚を思い出したり。 しかし本物の石積みなんだろうか。
駅舎その2.
帰り道。
3.
 
まだ開いておらず項垂れる。
帰るときはみんな帰るのだなと。
4.
5.
6.
フェンスがむちゃくちゃになってる。
記憶の中の故郷。

 個性ある地方の都市の前には必ずといってよいほどある名に方角の付いた駅。こういう駅に着くと、都市に着く前のわくわく感があるというものだ。

 細岡から乗った汽車はかなり混んでいて、ボックスの四人掛けにあいていた一席に何とか体をねじ込む。ほぼ高校生か地元の人だが、わずかに連れ立っての旅行者もいた。やはりバンカラな北海道だけあって車内の雰囲気はささくれだったいまいちなものだ。本線でないからか気動車も古く、匂いが鼻を突く。早く降りたいなと思うが、どうも天気が不安になる。海側の釧路に近づけばましになると予想していたが、郊外の遠矢に着いても変わらない。今日は仕方ないのか…。

 さてそのわくわくの東釧路駅で降りる。といってもだいたい知れているので、にやりとしつつ十数名の人が降りても気にかけなかった。けれど根室本線の厚岸方面の汽車に乗り換える人もがいて少々驚く。まさしく乗り換え駅だ。

 降りると曇り空に秋風が冷たかった。オホーツクらしい冷湿気によるものだろう。  海側に近づいたんだ。私の知っている本州の秋とはちょっと違う、それほど寒くはないのに、なぜか芯から寂しくなるような、ここの季節風だった。
 ほんとに小さなのりばしかないが、駅舎が壊すのもたいへんそうな本物の方石積みで、きれいな古典的建築だった。付近は商業施設と底抜けに広い駐車場なので、貨物の扱いで鳴らしたところなのだろう。しかし中は薄汚れて、貨物輸送の仕事の過酷さと、忘れられた栄華を映し出している。

 ここではあまり時間がなかった。少し暗い空だが、汽車の時刻には何人か集まってきてくれ、みなで釧路行きに乗った。もう始業時間でもなく、都市に出るのを楽しみにしている人もいる。




Home/駅名一覧/旅行記一覧