EUC-JP to UTF-8 鹿児島本線・熊本駅

熊本駅

(鹿児島本線・くまもと) 2008年3月

  三角線の網田で山の中に浮かぶ海の像を結んだ後、直通列車で都市熊本へと上る。途中で列車は鹿児島本線を気動車でお邪魔し、都市近郊の本線を列車本数で貢献しながら、いやに温い空気を旗艦駅の熊本駅に運び斃れこむ。しかし外へ出ると混雑もなく、ホーム2つの規模に対してちょうどの人模様が描かれていた。心地よい冷たい空気が支配している。
  案外派手に大きくない。それに駅裏では新幹線の高架工事の途中で、蟹の身を抜いたように筋の飛び出た柱が地面に突き刺さっている。こっちの乗り場もほとんど新しくなっているが、残っている昔の屋根の下の売店で品物を買い、そんな屋根に関心など示さずいつものように乗車口に並ぶ人がいる。熊本駅はいま過渡期だった。

3番線から見た1番線のりばの主要部分。

1番線のりばでも頭端式の0A・0B乗り場に近い方はすっかり新しく造り直されている。

3番のりばの風景。古い縁石が残る。

3・5番ホームの階段前。

洋式の彫刻が施されてあった。そういえばこの駅の駅舎はヨーロッパの城風。 乗り場案内が行き先ではなく番号だけでなされている。

だいたいの構内図。 現在暫定的な措置もあってか、わかりにくい番号配置になっていた。

このときの3・5番線ホーム。左5番線にまもなく博多行き特急が到着。 このホームは元からあったものだが雰囲気はなんとなく仮設らしい感じ。

同じホームの待合付近にて。3番のりば側は以前の屋根が使われていた。

5番のりばの風景。乗車位置案内があるように特急が停車する。

5番のりばエレベーター前あたりから八代方面。 高架がだいぶできているが駅の前だけはできていなかった。 駅建設工事はたいてい最後に行われるらしい。

階段下の待合にて。自動販売機息づいていた。 片方はセブンティーンアイス。

九州新幹線の工事中。

あの山もここから見えにくくなりそうだ。 万日山(138m).

3番のりばから下り方に見た駅構内。

この駅にはこのとき2つの跨線橋があった。 中央に見えているホームが単式2番のりば。

3番のりばから見た頭端式0A・0B乗り場付近の様子。

2番のりば。

階段より八代側の3・5番線ホームの風景。

Kiosk. 冷凍馬刺しが置いていあると宣伝してあるのは熊本らしいところなのだろうか。

階段下り口の様子。

売店の後ろから見た階段方向。

左手暫定的な2番線ホーム。4番線はこの3・5番線ホームの八代寄り端となっていた。

4・5番線ホーム。

跨線橋が二つある駅構内。

2つ目の跨線橋(仮設)の中の様子。わざわざ発車案内板がつけられていた。 エレベーターもある。役目が終わり取り外したら流用するのだろうか。

3番線から玉名・大牟田方面に駅構内を望む。

3番線に入った特急有明。

有明は門司港から小倉博多を経て熊本、豊肥本線の肥後大津までを結ぶ九州内移動の特急。 リレーつばめとも重なっていて、一部その役割を担っているのだろう。

  跨線橋に入ってさっそく気になる駅の裏を展望したが、向こうに里山が連なるまで低い住宅地で、ここは少しも市街らしくない。そういうわけで駅裏の街はなかった。もともと熊本駅は別に中心部というわけではないという。それで近傍の駅が結構賑わっているのだろうか。跨線橋の壁はすべてガラスだが個性的な造りで、シンデレラブリッジと名付けられていた。ここだけ立派だったから、新幹線ができてもこれはこのまま使うのかと思えた。跨線橋の有人改札から駅ビルの2階に入れるものの、熊本駅は本式の改札口で自動改札を入れているので、いったい着駅の自動改札ではどうなるんだろうと考えてしまう。

跨線橋の端にて。ここの階段を下りると3・4・5番線ホーム。 照明が駅としては変わったものとなっている。

跨線橋から見た駅裏の様子。左、万日山、右手は花岡山(132.2m). ドーム様の建築は平和を願って建てられた仏舎利塔。この花岡山は公園になっているそうだ。

玉名・大牟田方に見た新幹線工事の風景。

跨線橋の中。個性的な造りになっていた。

跨線橋に直結した2階改札。

1番線ホームへの下り口の様子。

玉名・荒尾・大牟田方面を望む。

駅構内に聳立する古風な駅ビル。

八代方面を望む。仮敷設らしい線形。

2階改札付近から見た跨線橋内の風景。向こうが駅裏側。

右:自動扉の閉まった有人改札の様子。

1番線ホーム階段下り口の様子。

  階段を下りると、駅弁屋、飲食店が灯りをともして並んでいて、気分が高まる。やっぱり熊本駅だ。やがてあの頭痛がしそうなほど重そうな特急リレーつばめが入線。はち切れそうにドアが開くと、いっせいに人々は改札に足の向きをそろえ、雑踏が生まれる。みなさんの頭の上には、くまもと、というこの地の名札が吊り下がっている。熊本に来たんだ、と嘆じた。しかし全体として乗り場が、その詠嘆に見合う大きさでないことが、何かの問題を突いているかのようで、不思議なものが残った。

跨線橋の下から見た3番線停車中の普通鳥栖行きのワンマン列車。 ここから鳥栖ってだいぶ遠い。

以前の上屋残る3番線のりばの風景。売店が輝いている。

1番線ホームから見た隣のホーム。ご当地の広告が熊本らしさを醸していた。

跨線橋の中は先進だったが外から見るとそうでないものとなっている。

1番線のりばのたたずまい。

階段を下りと付近にて線路内を望む。

弁当屋2件とパン屋(トランドール、JR九州の子会社)が出店。

改札内コンコース。色のついた線で乗り場を案内している。

改札口前。天井付近に見られるように、この駅では逆さ階段の装飾がよく用いられていた。 出口の看板の下の方には小さく韓国語で表示されている。

熊本駅改札口。

列車到着の際などはちょくちょく駅員が立っていた。

精算窓口。

 

5番線に停車中のリレーつばめ。

1番線にも入線。鹿児島中央行き。

九州らしい重厚で深い田舎を想起する。

活況を呈する改札口。

八代方に見た1番線ホーム。居室型の囲いは喫煙ルームではなく待合室。

乗り換え駅の証だろうか。

駅スタンプ、公衆電話、トランドールの並びのある風景。 階段左脇を通ると0A・0Bホームに行く。

地鶏めし、おこわの店。おいしそう。

駅弁の音羽屋。なんだか商店街にある総菜屋みたいな居ずまいだ。

階段脇の通路から改札口の方を見て。

通路には吉野家とラーメン屋とトイレがある。吉野家は改札外にも出入口を設けていた。

トイレ付近から改札方を見た風景。

通路を抜けた1番線ホーム。

単式ホームに改札のある駅には大抵こんな通路があるのだった。

1番線ホーム分岐前。

山型上屋のある隣のホームとガラス張りの跨線橋。

通路を出た広場の風景。

0A線のエンドレール。このあたりのホームは一新されている。

1番線ホームと隣のホームを見通して。

0A・0Bのりば。頭端式で、線路はここで終わりとなっている。 ここは豊肥本線専用乗り場。だいたい肥後大津止まりとなっている。 昨晩ここから乗って、新水前寺で降りた。

待合の様子。わざわざ自動販売機も置いてある。

0B線越しに見た阿蘇鉄道事業部の建物。

かつてはもう一線あり、駐車場になっているところがホームだったらしい。 旅客か貨物か…。

豊肥本線ホームの駅名標。無地の部分が減らされ、簡素化されている。 イラストには武者返しの銀杏城の駅、と書かれてある。

ここで行き止まりなのがよくわかった。

改札外に出られる通路だが、関係者専用。 鍵掛かっていないが、ある地域ではこのぐらいの規模の駅でも扉さえ付いていなかった。

2階有人改札。

改札外からみた2階有人改札。

こんなところにもお土産売り場がある。2階改札を出てすぐのところ。

2階コンコースの出口。フレスタの入口ともなっている。

待合の様子。

わざわざ券売機までついていた。

 

ここからフレスタ熊本。

 

2階改札の方を見た風景。

ここで階段を下りると1階コンコース。

ステーションデパートのような構想だ。

1階コンコース。柱に番号を振っているのは待ち合わせの目印のためだろうか。

階段下り口にて。

階段の近くにある土産屋。

改札方。

改札口。

  コンコースは日曜なのにやけに混んでいる。もともとあまり広くないことからきているようだった。内装は白黒緑橙などの落ち着いた色を用いて、隅々まで改装されいて、つい最近きれいにしたようにしか見えないから、新幹線開業後もここを使うのかと思った。ただその内装はやや暗い感じがしもした。重厚で、落ち着いたお洒落な熊本、としてならよさそうだ。駅舎横丁というか、古い大きな駅には店の並びのある通りがあるが、ここはそれが改札を前にして左右に2本取ってあり、みやげ物屋などがたいそう繁盛していて、店の前が混雑している。ホームのひと気のなさとだいぶ違うではないか。

  この建物の2階は雑貨や衣類、古物商などの店で、ちょっと閑としている。駅ビルによくあるように、空間が狭く感じる。端の方では飲食店が固まっていて、まさしくお昼になったころ、小さな子を連れた家族や、リュックを背負った二人組や三人組が、迷い歩きながら店を選定していた。どこから来たのかな。

寝台特急はやぶさが停車中の改札口。先頭に旗を持たせた団体が下車。今年度で廃止だった。

 

内照式時刻表が活躍する。

 

このKioskは仕切られていて改札内からの利用も可能。 改札付近の丸くなっている角あたりを見るとだいぶ改装されたのがわかった。

コンコースが手狭のため、混雑しやすかった。

 

右手がフレスタへの階段。さりげない。

改札を右手にしての通路。こちらにも店が並ぶ。

フレスタ熊本の入口。

駅利用者のもっともよく使うであろう、改札口に最も近い駅舎出入口。あまり広くない。

駅舎横丁八代方。

 

変わっていて花屋が入っていた。右手はパン屋のトランドール。

大牟田方の駅舎横丁が伸びる風景。

観光案内所から八代方に見た改札前。

総合観光案内所。右側だけ台が低いのはチッキかと思わせる。

券売機前。

手荷物置きの大なんかが設置されていて配慮されていた。 忘れ物は注意。

左:券売機が混んでいる様子。 右:みどりの窓口。

みどりの窓口前あたりの通路の風景。

上り方。

 

 

突き当たりの広場にて。

和菓子屋が入っていた。

広場から出改札方に伸びる通路。駅舎内はそこそこ面積があるのだが券売機前と改札前ばかりが混んでいてこっちはすいていた。

広場の出口、ここから出ると市電とバス乗り場が近いという造りにっていた。 ちょうど駅建物の中央付近に当たる。

和菓子屋前から見たみどりの窓口。

外との出入口から見たこの広場の風景。階段を上るとさきほどのフレスタ熊本へ。

 

駅の奥の方にはマッサージ屋、コインロッカー、ペリカン便の受け付けなどがあった。 この駅では何でもできそう。

秘密の搬入用エレベーター。しかし人も乗れる。改札内外を結んでいるらしい。

2階フレスタの風景。厚手の春物が並んでいる。

古美術店。こんなところに出店するとは。

福屋書店。

ブティックが多かった。

  駅を外に出て、目をむいて驚いた。えらい大きな駅じゃないか。駅の建物は薄水色で洋風の城のごとく両袖を伸ばしている。その長さの分だけ、駅前広場がある。自動車もいっぱいだ。この熊本駅、中と外では、どうも活況の密度が違う。やっぱり熊本駅か、と納得しつつ、軒下を歩いた。そこにもまた飲食店がいくつも入店していて、この駅では食べるところに困らないのが確かとなった。ところが、駅前から出ると、立派な道路があるだけで、それほどの街がない。はたと困った。そして駅に飲食店が多かった理由や、駅が特に賑わっていた理由がわかった。

駅を出て八代方の風景。

駅舎出入口付近。

 

 

八代方向。

 

JR九州ホテル熊本。

ケンタッキー、吉野家、モスバーカー。 鉄道以外の目的でしばしば駅に来ることもありそうだった。

軒下のいちばん奥はテナント工事中だった。

奥から玉名・大牟田・鳥栖(上り)方に見た軒下の風景。

構内靴みがき。おじさんがじっと座っていた。 たまにタクシーの運転手に声をかけられ、短い談話をしていた。

上り方。ファーストフードが並ぶ。

モスバーガーの横に駅舎下り方出入口がある。

 

タクシーと一般車のロータリー。

タクシーがみっちり詰まっている。器用に駐めるものだ。

駅前の表象たち。右手は北九州予備校の寮。

 

 

JR九州ホテル熊本。

ホテル脇の通り。

駅前通り。川尻、宇土、八代方。路面電車が走っている。

熊本城、熊本市街方面。

 

熊本駅駅舎。

 

その2.

  それにしても駅ビルはみごとに化粧直ししている。元は官立の色濃い民衆駅だったというが、わからないぐらい。4階部分が空洞になっているのは、元々部分4階の建物だから、形を整えるために隠したのだろう。熊本城のつながりとしても、この形象は熊本らしくなさそうだが、故郷の駅としてたやすく記憶できるものとなっていた。そして、熊本に初めて来た私にも、何かのつてでこの記憶があったかのようで、確かに熊本に来たと思わせた。そうして、改めて自分の記憶として残ったのだった。

  駅の広場を出たその道路では路面電車が走り、一瞬戦前と思われるような光景が出現 した。九州は何かとそんな情景がほとばしることがあった。しかし周辺では建物を潰しているところがあり、これから新しいものが生まれてくるようだった。
 駅の建物は2階は店が入っているが、3階はJR九州の会社が入っていて、鉄道を動かしている実態だった。建物はやはり、ぱっと見ると城としてに飾られ、外観が旅客向けになっているため、あまり本部が入っていることを想像しなかった。それに飲食店やコンビニの入口にまぎれて、目立たないように会社の出入口がある。こんなふうに包み隠されているが中の事業は大きい。こういうのが鉄道本部らしいところでもあり、また鉄道員の流儀らしい感じだった。

「非常用水」。

バス乗り場。

朝鮮日本両国恒久平和確認 1959年12月。

道路越しに見たバス乗り場。バスもやはり青と赤を用いている。 九州はこの色使いが好きなようだ。併用軌道を跨いで発車。

駅ロータリー出口。

道路越しに見た路面電車乗り場と駅舎。小さな緑地帯にも 花がたくさん植えられていて、この交通量の中、不思議な離れ小島に輝くひと気を放っていた。

至白川橋。白川を渡り、白川左岸の市街地に出る。

駅前の交差点。左折すると白川橋。

一大駅の駅前であるがときにこんな空き地が広がる。再生に向けて。

熊本城、熊本市街方面。駅前は全体に大規模予備校とホテルが目立っていた。

路面電車の架線柱と熊本駅駅舎全景。

駅前交差点を望む。

駅舎その3.

駅舎脇にはこんな建物が付随している。 2階はいまも主に鉄道関係の事業者が入っている。一部は塾。

このぼろい建物は熊本県熊本南警察署熊本駅交番。

一見ただのロータリーの脇道だが、坂になっていることから察せられるように 鹿児島本線のアンダーパスがあり、これが駅から駅裏に抜ける最も近いルートとなっていた。

軒下入口。

郵便局、薬、旅行代理店、塾と並ぶ。 薬局は地元の利便のほか旅行者の急病も考えてか駅に入っていることがしばしばあるようだ。

 

駅前の上り方半分はこのように駐車場になっている。

JR九州旅行センター JOYROAD前。

付随建物の2階入口。

2階から見た駅前の様子。白川橋が見える。

 

駅裏。

ジョイロード熊本支店前にて上り方。

 

こんなところにJR九州熊本支社の入口があった。

 

駅前上り側のロータリー。

 

  駅ビルの中央部分は埠頭のように歩道が伸び市電のりばやバスのりばに濡れずに行きつけるようになっていて、モニュメントもあり、もっとも旗艦駅としての熊本駅に来た感じが募ったところだった。しかし駅ビルのその中央の部分は、入口がエスカレーターのみで、ひたすら2階フレスタのしけたフロアへいざなっている。コンコースへの出入口はどれも目立たず広くなく、きれいに改装したものの、意外と今の体裁ではないようだ。しかし店舗が多様で、市街地から離れていることもあって集客していそうな感じだった。

駅前中央部。

県代表駅の風格備える駅舎正面口。テラスのようになっているところは出られるようになっていて、テーブルや椅子が置かれていた。

 

 

 

 

あそ1962のデザイン広告が鮮やか。あそ1962は豊肥本線の熊本から宮地を走る観光気動車列車。

駅前広場中央部の屋根の下にて。

右折すればバス乗り場、直進すると路面電車(市電)のりば。

熊本に関するさまざまなモニュメントがあった。

バス乗り場から発着するバス。

バスの去ったバス乗り場。

こんなところに休憩スペースがあった。道路は直進すると白川橋。橋の方向は案内板では阿蘇と案内されていたが、遠い。

木陰にて。

市電のりば入口。

 

熊本港、八代方面。

 

 

市電乗り場から見た熊本駅。

駅舎に接するように伸びるアーケード。

  昨晩乗り換えただけの熊本駅との初めての出会いも終わり、お昼ころ、ホームに入った。売店の近くで列車を待つ。あたりには陽光降り注ぎ、周りはこれからお出かけする人々がほとんどだったが、向かいのホームにスーツ姿の人がぽつんと立っていたりした。
  三月で、今日、日曜の天気もしだいに良くなってきている。
  子供二人と母と祖母がしゃべりながら列車を待っていた。ここで見る限り、行楽に向かうとあるひと群れ。しかしまさかこのお婆さんが私を、これからあることに巻き込もうとは思いもしなかった。
  さて私はこれから1時間ほどこの上り列車に乗って、銀水というところに行く。いったん熊本圏を抜け、昨晩走り飛ばした大牟田のあたりまで戻るのだった。

 熊本のいつもらしい感じで、肉声の放送とともに艶消しして頭痛のしないような銀車体の列車が入線し、ドアがぽっかり開くと、誰も慌てずに乗りはじめて、休みの日らしかった。私は海側を背にして座る。さっきの孫の組が横にどやどやと座った。

銀水へ

  お婆さんは、とにかく鉄道は久々だ、と言い、とにかく緩頬して感心されていた。孫に切符を失えないように、と何度も何度も言いつけた。しかし子供がそのたびに見せるものだから、何度か床に落とすことになった。ついに、あ、こら、もう預かる、と、勝手に切符を取り上げて、子供の母に渡したりした。はっきりいって婆さんもぜんぜん落ち着いていなくて、微笑ましさを通りすぎ、本当に大丈夫なのかこの人たちと疑念を抱いた。予想は唖然とするほど的中する。

  暖房の効いた新車のロングシートで日光を浴びながら文字通り車体にゆられると、とても眠くなった。九州の春は、どこよりも眠く気持ちよい、と思いたくもなった。熊本から30分ほどたったころ、さあ次だよ、と急に隣がざわめきはじめた。座席に置いたものを鞄にしまい、孫に身づくろいさせ、靴を履かせ。そして恒例の切符確認が行われた。そしていよいよ到着し、降りるよ、と祖母と母が子二人を連れて立ち、ドア方向に歩き出した。私は、とにかくあの人たちは下車するようだ、気に掛かることがあったがこれでおしまいだ、と思いながら、温すぎる車内で首を前に傾けていた。ふと右脇を見る。すると、なんと切符が落ちているではないか。しかし、その切符があの人たちのものだという確証はといえば、まったくなかった。それで私は思わず、向かいに座っている恰幅のいい老人の顔を動揺しながら窺った。しかしその人は腕組みして顔をのけぞらせ傲慢に知らんふりている。そのとき、ドアを出たすぐのところで、あの婆さんが、あれ、あれ、切符がない、どうしよう、どこ、どこ、そこじゃない、どうしよう、と姿態の溶け落ちそうなほど困惑している様子が目に入った。瞬間、向かいの腕組み老人に対して、そしてあの婆さんに対して、怒りがめらめら燃える。もうドアが閉まってしまう。でも今、自分がドアから締め出されてでも渡しに行かないと後悔してしまう。もうなんであの人は乗ってからというものあんなに不安定でぼんやりしているんだ、このままだとあの人は改札で疑われるのか、いや、疑わさせん、絶対渡そう、と、切符を拾い上げて前の老人を視線で切り、この駅で降りることになってもいいように自分の鞄も持ち、走ってドアまで行って、相変わらず、切符ないないと哀嘆している婆さんの背後から切符を持った手を、何も言わないまま目の前に出した。「ああ、これ? これこれ、ありがとお」。その最後の言葉がドアの向こうになった。私は無事車内にいながらドアが閉まったのだった。密室になった車内。気まずい空気が滞る。私は何も知らないふりをして座った。すると自分のことを言う声が聞こえてきた。顔が真っ赤になり、まったく上げられない、微動もできない。おかげで後30分間、まったく車窓を見られず、まさしく寝たふりしかできなかった。結局自分のためだったようなものなのに結果的にあんな振る舞いになったからだった。そして、その人と、自分の得になったこととが打ち消し合って、どこにも親切心がなかったというような、空疎な、虚しい気持になっていく中、さっきの誰かの声が、何かより困難な自己犠牲について語っていたように回想されはじめた。

次のページ : 銀水駅

九州都市周遊 (目次) :  1 (京都から夜行バスで小倉へ)2 (藤ノ木駅へ)3 (奥洞海駅へ)4 (直方駅へ)5 (折尾駅へ)6 (福間駅へ)7 (鳥栖駅へ)8 (久留米駅へ)9 (瀬高駅へ)10 (南瀬高駅へ)11 (千丁駅へ)12 (新水前寺駅から投宿先へ)13 (三角駅へ)14 (網田駅へ) > 15 (熊本駅) > 16 (銀水駅へ)


Home線名一覧旅行記による一覧