Line list  Travelogue list  Home

松江駅

(山陰本線・まつえ) 2012年7月

宍道湖。対岸の島根半島は意外に遠い。
一抹の緊張感催せしむ松江駅。
ひところは山陰の一人旅でももてはやされたが、 ネットカフェが意外に展開し、それほど聞かなくなった。
ちょっと昔の新幹線ホーム有りそうな感じ。
中はアーバン仕様の椅子。
街へのいざない。(表側)
1番線鳥取方。
昇降機。あっさりした印象。
 
湖西線風。
VIP向け待合室。
これより先にはスーパーおきとまつかぜは止まらないとのこと。 釉薬タイルを見るに、やはり湖西線と同時期の高架かなと。
似てますもんね。
 
 
2番線鳥取方。
さすがに静かな時間だった。
どこにでもある感じではある。
広告がさびしい。
街遠くはまた今度にとあっさり決定。
 
2番線出雲市方。
伸びゆくホーム。
山陰は黄色とか黄緑、水色が好きみたい。
釉薬タイルの重み。
どんな列車が来るのか余りイメージがわかない。
1番線出雲市方。
号車案内はドット式。一世代前にハイテク化を完了した感じ。
遠くを見るとちょっと寝台列車が来そうな感じではある。
大阪方面はスーパーはくとですな。
 
街は高架化を早くに完了し区画整理もとっくに終わってる模様。
ときどき環状腺のことも思い出していた。
 
 
浮いてる感じ。
東松江は昨日降りたが別世界という感じ。乃木も駅舎は戦前のものだ。
駅弁屋。階下にこのときはコンビニはなかった。
特急やくも、岡山行き。せっかく松江にいるし、岡山まで出るのはもったいない。
 
車輌としては乗ってみたい。
 
 
 
 
端のエリア。
この辺はたぶん昔のままのせいかいやに重々しかった。
 
中2階にて。
 
 
西日本の一昔前の高架駅の典型。
右改札。
なんやかやと情報量が多い。
この照明案内はおもしろい。ほしいかも。
やっぱり黄色好きやなと。
至改札。
ついに…
 
 
 
 
 
3・4番線ホームにて、米子鳥取方。
こちらにも駅弁屋がある。
 
 
防府みたいに最近では屋根を付けきることが多い。
隣のホームを眺め通して。
 
八は末広がりということで縁起がいいとされる。
 
とにかく暑く、さっさと街に出てしまいたかった。
 
 
一畑百貨店。
 
 
4番線、出雲市方。駅裏にあたる。
 
少し福山を思い出したり。
夏の山陰。
マンション群も悪く思えない。
 
 
表側。
 
 
 
ピンポーン…「寝台特急、出雲がまもなく入線いたします」
 
 
 
3番線米子鳥取方。
端エリア。
 
 
端まで歩かず…。
百貨店のある松江駅。
3番線米子方。
どちらのホームも同じくらいの人だった。
早く街へ出たい!
 
なんとなし山陽ぽい。
くそ暑い。
 
 
階下へ。
 
 
 
 
 
 
改札。
あんまり重々しくないな。鳥取の方が重厚だった。 でも島根県の方が人口は多い。
エレベーターはちゃんと改札内に向けられています。
人が少ない時間なので「入口」から出ます。 一瞬戸惑ったが。
 
精算所方。
改札内コンコース。
もう改札を取っ払って自由にしよう。
特にショップなどはなく。
 
 
改札を出て。
 
 
北口が表。
ちょっと手狭かなと。
南口方。
旅人の感覚でこちらは裏だなと思うもの。
みどりの窓口。
こちらは改札外の精算所。
 
 
 
表方。
 
 
 
こちらがシャミネ通り。
土産屋がずらり。何かと持って行かなくてはならないときがあるから 便利だろう。
コーラの広告がいいねぇ。
左側は旅行代理店だった。
シャミネ前。ていうか、山陰の駅ってバッグとかアクセとか露店ぽいものを必ず売っている。
こちら待合部。立派な壁画があるが、近づきにくく…
ちょっとステージっぽいところのようだ。
 
コインロッカーも潤沢。
鳥取っぽい。
トイレや証明写真など。
 
シャミネ!
 
 
 
こういうところでも待てるようです。
 
中央コンコース方。
 
 
 
表北口付近にて裏口方。
なんか山陽本線の駅みたい。
駅弁屋の一文字の店はこちらにもあります。
こちらにもシャミネ。
駅を出て。さっそく地下街でもはじまるかのような…
米子方。通常のロータリー。
出雲市方。バスターミナルとなる。
松江駅その1.
さわやかな佇まい。
かつてのタイル張りも残っており、よい!
松江駅駅舎。2.
ぶっ倒れるほど暑かった。
 
こここそが駅出入口。なんとなしかつての高岡を思い出したり。
 
 
 
観光案内所。
 
 
一畑百貨店の角。
 
 
百貨店と駅の間。いい感じ。
 
暑いときってああいう雲が出がち。
きれいに直した印象。
駅裏にホテルα-1がある模様。
 
 
右手百貨店。なんとなし小樽を思い出したり。
これから木も大きくなるのだろう。
 
これはお金かけたね。
地下駐車場、駐輪場入口。
 
 
 
 
 
 
松江駅前交差点。
 
 
先ほどの地下道。
 
もう少し都市の規模が大きくなると地下街となります。
車に気を付けましょう。
 
最近の大駅はだいたいこんなふうに地下に駐車場を備えて利便性を図っている。
ここから一畑百貨店にも行けます。
 
 
 
 
 
なんか浜大津っぽい。
こうして…
道の向こう側に出てきた。
松江駅駅舎その3.
4.
5.
6.
7.
なんか予定がありそうな土地。
島根県水道会館。JFって何かと思った。
左手松江テルサホール。
宍道湖方。
 
 
 
 
これが駅前交差点。
 
 
 
松江城やくにびきメッセへの案内が出ていて松江らしい。
 
 
これもどうなるのだろうか。
 
テルサホール前。建物はガラス張りだが、周りと調和していた。
 
 
ここは裏手と繋がっているので人通りもあった。
 
松江市街中心部は橋を渡った先なのでバスを待っている人はどこでも非常に多かった。
 
ほんと目立つよね。
 
これは旅行者にはありがたい!
 
 
ちょっとホームのような感じ。
 
旧路盤でしょう。
駅最寄りのコンビニ。セブンよりこちらの方が好み。
シャミネが輝かしい。
 
日本海庄やが入居。
バスのりば。
 
 
 
 
 
 
ここは日陰だからまだましだが、屋根から出たら日の球が落ちてくるかのような暑さだった。
 
 
 
駅の規模はかなり大きい。
 
 
 
 
 
南口を出たところ。
なんとなし馴染みを感じる。
 
松江駅の表示が小さくもある。
 
今はもっと安い形態も出てきているが、 お仕事ではやはりこういうところ以上のところに泊まるものなのだろう。
 
ホテルの宣伝がすごい。
駅南ビル。
 
 
 
 
こういうところにひっそりとある飲食店は魅力的。 また、かつての構内の概形も窺われる。
表も裏も一般車は停まりにくい。
駅南方。
乗務員の巣の入口?
駅裏の様子。
 
 
 
 
なんとなし思い出に残りそう。
 
松江駅南口。
中心部への需要を満たすためかタクシーとバスは多い。
喧伝ホテルのエントランス。90年代風。
 
松江駅その8.
 
9.
 
 
 
10.
 
11.
 
12.
13.
 
戻ってきました。
 
 
 
裏通り。高架化は70年代なので古いですね。
身が切れるほど暑かった。

 ひどい夏の盛り…途中、宍道湖の涼やかな車窓もほどほど、気持ち悪いほど暑い松江の高架ホームへと私は吐き棄てられた。不思議なもので、駅員の姿が全く見えない県都の駅である。きっと下の方にある事務室から放送だけを流しているのだろう。
 鳥取は車庫もあり、運転系統も別れるのでしょっちゅう運転士が出入りしている印象だが、そういう意味ではここはやや古びた躯体にちょっと前のハイテクな駅といった印象だった。
 いやぁ、松江とか、松籟響く涼しげな名前だが暑くてかなわん。大学のゼミや学会などで降りたことがある、なんていう感じの雰囲気だった。広告塔にスーパーホテルの3980円の表示。こういうのを見ると山陰に来たんだと思う。出張先としても松江は少なくなさそうだ。
 新幹線の駅にも見えるけど、それにしては少し軽かった。ただもうここにはあまりおもしろい列車は来ない感じが漂っている。ブルートレインの匂いはなかった。特急といえばやくもやステンレス気動車のスーパーまつかぜ、そしてサンライズ出雲だろう。

 それでも端に駅弁屋がひっそりとあって、長い山陰路の旅を思わないでなかった。ここで買って、何時間もまつかぜに乗るのもよさそうだ。真夏の猛暑の無人駅であの列車を悲鳴とともに見送るとき、中は涼しいんだろうなと思ったものだった。
 山陰の海の爽やかさが、現代的な生き方の中で立ち現れて来るその様は、地に足の付いた形で懐かしいものかもしれない。
 とにかく体を傷めつけるように暑く、これから街を歩くことなどまったく想像できなかった。高架の窓から街が窺えているが、やはり一丁前に巨大そうである。
 禿頭のスーツ姿の男性は、お前には用はないといったふうに、ただハンカチで汗拭いて、新聞読みながらまじめに自分の乗る特急列車を待つ。そうして客は常に十名を切っていた。お昼前の静かな時間だった。

 神話博しまねというのを今はやっているそうで、駅員は黄色いポロシャツを着せられている…。そういうのも何か公務員らしいお堅い歓迎のようにも思え、松江駅に似つかわしいなと。仕事をしていると、こんなことはままある。
 ほんとひまそうで、改札の人の出入りはほとんどなく。おまけに忖度して節電しているので(東北地震)、ぜんぜん冷房が効いていなのだ。人影も疎らやな…と思いきや、駅内でもシャミネの通りには人がけっこう歩いており、テレビと冷房ガンガンつけた待合部では、山陰人がぎゅっと座って集まっていた。こんなところにいたのかよと思う。

 さて、山陰の人の憧れたるシャミネ。きらびやかなエントランスを持ち、ここで買い物するのは何よりのステータス、そして自慢の種になるのだ。シャミネで買い物をしたというだけでちょっと違う目で見てもらえる。そしてこの昭和ベースな響きも何とも言えないてはないか。
 とまあ冗談はさておき、ステーションデパートに似た形で鳥取とともにまともに機能しつづけているているのはまことに奇跡的。何か健全な風景を見た気さえした。ドーナツ化現象の煽りが強くなかったんだろうか。
 その通りには軒に行灯を点した古風な土産屋が立ち並び、少年の好奇心を刺激。なんとなし、あれ買ってこれ買ってと、架空の親におねだりしたくなった。青年の旅行とは…そうしたときから、やがていろいろ勉強する時期を経、そうして一人で自由を操りに、或いは勉強したことが本当かどうかを確かめに出かけるものということから来ているというものさ。
 そう考えると、ふと、一人でこんなことをしているのはちょっと例外的なことのようにも思えた。だってふつうは誰か大切な人と来たり、或いは法事や仕事があるからと、こういった遠方に赴くというものだ。
 だから、これは本当に自由な旅だった。だって誰が下車旅に付き合うだろうか? 下車マニヤ? いやちがう。いろんな駅に降り立ってみたいだけなんだ。それに夏の山陰を味わい尽くしたかった。私は何にも持っていない。高い機材も車もだ。そうしたら、駅に降り立つしかないではないか。
 でも、たまには子供という不自由なころのことを思い出して、ねだってみたくなって。
 まぁ…おねだりする歳でもない。かわりに胸のすくようなあらゆる現象に感応できる感官があるだけだ。そしてそれが自分には宝石のように思えた。

 みんながテレビを見ている待合部を見たとき、ふと昔の高岡駅の待合のことを思い出した。北陸にはどこかに遠くに北に繋がっているという独特の旅情があったよなと。山陰や中国は、西日本としていったん閉じている感がある。そういうのどかさやなごやかさも悪いものではなかった。
 ずっとこのままに、遠くに西へ足を伸ばしてみようではないか。西日本の耽美的な空気で臓物を腐らしてみたい… 。

 さぁ暑いけど! と、肚を括って外に出ると、なかなかに緊張感のある県都としての佇まい。軒下の床は石張り、地下入口のトラス屋根、そして…このおぞましい暑さの中ずっと人が多い。凄まじい空の青さ暑さ…。そう、ここは島根の県都である。私は何か県大会に出場するような、あるいは重要な発表をこれからコンベンション・センターで行うかのような気分になった。やはりその土地の"みやこ"というのはいいものさ。そして島根のほかの駅はたいてい100年を超える駅舎が集落とともに鎮まっているのたから、このメリハリ感は何ともいえない。所感だが、鳥取よりも人は多い印象。ここからさらに飛躍し、大都市にて活躍している島根県人もいるのだろうなぁ。特にカッターシャツ姿の男性がかなり多い。その辺に座って休憩している人もいるのはやはり中国地方らしいなと思う。

 そして女子高生らが必死に声をからして震災への募金を呼び掛けていた。そこに純真な心が溢れていることはいたいほどわかった。彼女らの思惟はとこへでも繋がっていきそうだった。この2012年というのも、どれほど旅行しづらかったか。1年たってもニュースはまだ地震のことばかりで、どこもかしこもまだ節電をしていた。所詮ここにこうして旅行していること自体がもう悪者のようなものだった。けれどそんなことももう忘れ去られているだろう。
 私は故郷が被災してもしれっとどこかへ傷心旅行に出かけてしまうような人だ。
 人々の反応はにぶそうだった。というのも、これまでの間、そこかしこで募金活動が行われ、みんなあらかた出したらしかったのだった。
 聖なる心を振り切り、街へ繰り出してみる。

 こうして歩いていると、県庁のまじめな人が仕事している様子が浮かんで仕方なかった。周辺は何かそんな感じである。予想通りというか、旧市街は橋を渡った先なので、今回はとうぜんにお預けだ。まずとにもかくにも暑さが激烈すぎる。夏の駅寝で旅行5日目ということもあったが、歩いてどうというのはまったくイメージできず。なんだかんだいって駅降りたら目的の町があるという安直さを望んでいたりする。まぁ、一畑鉄道に行く際にいろいろ楽しもう。

 裏口は一見特に何もない形式的な風景だけど、出歩いてみると、なんとなし旅人にも用事がありそうな雰囲気でりょじをうを感じないこともなかった。そう、ビジネスホテルはこちら側に林立しており、表側はシティホテルが多い。とにかく垂れ幕による三千何ぼの喧伝だが、これも新幹線が来ていないおかげかなと。出張らしい出張の光景が、まだここでは見られるのかもしれない。
 昔はおそらく、旅行者がビジネスホテルに泊まることはあんまり認知されていなかったので、ちょっと安宿旅の青春感が味わえたけど、今となってはよくあることどころか一昔前の流行にさえなってしまった。しかし今でもそのときの感覚が自分から抜けなくて、ときどき思い描いているしだい。

 松江駅ってこんなとこかぁ、と気が済んだ私はホームへ上がった。
 子供のころも、用事があっていろんな駅に降り立ったものだ。あのときじっくり見たかったものを、こうして探し求めているのだろう。駅というのは不思議だ。ある乗り物に乗るためだけの建物に、店が集まったりする。つまり鉄道を使って遠来することは、いつだって実は特別なことなのだな、その特別感ばかりを、味わっている。



Home/駅名一覧/旅行記一覧