御来屋駅

(山陰本線・みくりや) 2012年7月

米子方。
なんとなし山口県風。
夏は涼める。
 
 
 
山陰地方ぽい。
 
丈夫な造りだった。
あっちにもすごいものがある。
大山方。
 
少し覗いてみて。
 
ここからも市場に入れる。
車掌車ですね。台車を切り離して据え付けた模様。
白線一文字。
 
樋が紫って…。
 
 
 
鳥取方。
貨物運搬通路。
 
山陰線の遠景はこんなのであることが多い。
 
 
跨線橋内。とくになにもなし。
ホームの基礎の新しさに違和感が…
 
しばらく列車は来ません。
 
 
 
正直暑すぎて品評できなかった。
車掌車の中の様子。ちょっとがっかり。
まさに白線の内側の風景。
大山。
駅舎を保存する際に基礎も変えたんだろうか。
 
 
 
 
 
 
 
なんかおもしろい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
駅舎内にて。床もやり直されて、 長きにわたって建物が残るように配慮されていた。
出札口。
当時のハンコなどが展示されていた。
待合部。
 
 
どうにか涼めて助かった。
小荷物運賃表。昨今のドライバー不足にどうだろう??
 
 
切符は手売りしていないようだ。
サボやヘッドマークなど。あんまり展示しているというふうでもないが…。
硬券はこのようなところで売られていた。
天井もそのままのようだ。
なかなかおもしろい。山陰で初めに鉄道敷設されたのが御来屋―境になのは、 この区間が比較的平坦地で、名和町に大山軍馬補充部があったからなのだと。 当時はそれが優先事項だったわけだ。
主に枝線は大正期。倉吉線末端は昭和に入ってから。
外へ出て。何か蔵のような雰囲気。
いったん解体したのか思えるほど。
木枠の窓が残る。
こうしてまた山陰のとある駅からの駅旅がはじまる。
御来屋駅駅舎。
その2.
お店の入口。鉄道員用の入口がしっかりあるのは珍しい。
3.
駐輪場はあんな端の方にあった。
駅前の様子。
4.
5.
少し昔の町の様子が偲ばれる。
6.
7.
海へはこっちの方なんだろう。
8.
今は何もないといった感じ。
こちらラーメン、うどん屋さん。入るのにはなかなか勇気がいる。
少しロマンがある飲食店だった。
 
こちらからも大通りに出られるようだ。こんなふうに 駅前町はだいぶ変わってしまっている。
 
 
 
至国道9号。
国道に出て。米子方。コンビニがあのそうな雰囲気だが、なく。
さきほどの道。無料区間の山陰道に乗れるので車は多い。
 
駅を望んで。
 
海へ行こう。
 
大洋を背景に鄙びた番屋が現れ…
 
暑いけどどうにか気持ちいい。
 
 
遠浅で、海も緑っぽいから磯枯れしていない。
 
 
密漁への警告。アワビのほか海藻類も豊富。
ようやく自分のためのような場が…
絶好のビュースポット。
 
ちょうど漁をされていた。
 
まさに山陰の海。これぞ山陰の海。海水浴にはもってこいだろう。
 
 
また北陸とは違う様相。
鼻。
だけどね、熱風というか、もう暑すぎて風景を楽しんでいる余裕はまったくなかった。 やはり海に入らないとだめだが、人はなぜかいない…
駅から歩いてこんな美しい海。
 
 
砂浜の様子。
 
 
 
 
 
なんじゃこりゃあ! でもこれ未開封。もったない。
 
 
 
 
 
最後のあじさい。
 
 
 
 
 
 
 
 
駅へ。
少し新潟を思い出さなくもなく。
 
海へ行く道にはこういう一景というものがあるものさ。
 
御来屋駅前交差点。
少し鳥取方に歩いて。シンプルな案内。 9号は米子市街を通るので、松江へは高規格道が案内されている模様。
この先は歩いてもな~んもないなと。
 
米子方。
 
 
 
 

 地名からすると神社に特産物を寄進する土地だったかと思われるが、響きからは海にほど近いところも連想された。海産物もあっただろう。ところで、御来屋の集落はじつは隣の名和駅の真ん前であり、すぐそばに名和神社がある。

 浜っぽい丘陵地を駆け抜け、御来屋駅に着いた。何か果てしないところをめぐっている感じだった。そしてこの遠隔地にふさわしい駅が私を待ち受けていた。「贅沢だね。」
 この大山の突き出す辺境を西に抜けると、明確な米子都市圏となる。止まった車窓からはおいしそうなチョコレートの木造舎が覗いていて、物欲しげに私は眺める。私はここで降りることになっていたので、仕方なしに降りる。

 灼け付く乾いた暑さ。およそ旅行するという感じではない。老婆はみなおしなべて小宅に蟄居していると思われた。外に出てこんなところを旅行しているのは、たった一人私だけにちがいなかった。
 構内の風景は気持ちよい。しかしまともに見ていられない。だからちらっと見ただけだ。暑さと太陽光線がすさまじく、もう目がくりぬかれそうなのである。

 山陰最古の駅舎との看板があり、中は確かにレトロだが、こげ茶のペンキがやや卓越していた。昔の鉄道用品や時刻表もあり、雰囲気は木次線など中国奥地にありそうな駅の感じだ。それがそっくり海辺まで出てきたわけだ。
 こんなふうに残ってきたのも、このあたりが大山のあらわる"辺境"だからだろう。
 夏の陽射しがだいだいの石州瓦の釉薬に反射してまぶしいが、それはごげ茶とさして合っていなかった。山陰最古の触れ込みもなにか白々しい。悪口ばかり言っている。それはそういえるくらいには、駅と付き合ってきたからかもしれなかった。褒め言葉しか言わぬ兄弟なんて、いないじゃない。
 むろん簡易な駅舎なんかには目も呉れない。こうして残ったのも、地の人の理解あったればだ。旧駅務室は地産の野菜売り場になっていて、客も入っている。なるほど御厨というわけだ。しかし世の中は皆こんなふうに有機的な命名や事業しかありえぬのだろうか。

 駅を出てふと哀しくなる。かつてはこの駅にふさわしい集落が私を迎え出てくれたであろうが、付近の道路開発のあおりをくらって、さまざまに卵割されて、あるところは毀されていた。けれど以前の様相を思い描くことはできた。御来屋駅、の銘板を目に焼き付ける。書体はしろうとじみていて、力はなかった。駅を眺めていると、属性は山だった。

 もう行く先から見えていた騒々しい道路。十字路では信号待ちしている車がカンカン照りの中じっと並び、優先の国道9号の車列はすがすがしく快走する。構えて待ってる車を見て、「何を得意になって…」。
 旅行は鉄道しか信じていなかった。国家は私を放任していた。
 私は何かを嗅ぎつけて、寂しい道に入る。
 ぐうんとまがった叢の道、そのときには波濤と風の音が聞こえてきていた。しかし道はまがっているわけだから、海があるはずだとしたら、それからそれる。けれども歩く。この道しか考えられない。
 やがて番屋が現れ、砂浜に着いた。海女さんがおっきな桶をたよりに素潜りで捕っていて驚かされた。観光向けではなく、本気である。おそらく…大山の恵みによって丘陵地では果樹や野菜が、その水が注ぎこむ海では良質な海産物が採れるのだろう。水は極めて透明だった。そうして景色はたいへん気持ちよく、やっと山陰真央の海を見たと思った。それは私にははじめてのことだった。

 けれど風景と相反するように、暑さは猛威を奮っている。熱を帯びるブルーとはどんなものだろう?
 しかしブルーは元来エネルギー準位が高いのだぞ。それはさておき、体温を優に上回る猛烈な暑さの中、
 「やっと自分の山陰旅がはじまったか。そんな感じがするな。」
 山陰の中でも多少突き出たところだ。じゅうぶん山陰といえるところの任意の海を観た。しかし…山陰の海というと、松籟響く風流で涼しげなのを想像していたので、なんか違う気もしていた。

 けれど満足して私は帰った。帰りの例の騒がしい道も、これは近年のことで、きっと昔は駅から民家を携えながら鄙びた道が伸びて、あの海に繋がっており、本当に風流な町だったのだろう。駅だけでも残ってくれてよかったと思った。

 薄暗がりの駅舎の中に戻ると、間口から覗く構内が眩しかった。 「そうか。いまは真昼時だったんだな。いい時間だったんだ。」 この時間がそんなに長くは続かないことを想うとせつない。まだ夏も自分の旅も、やっと転がりはじめたばかりだというのに。一人日陰の駅舎で待ちながら、次の駅での思い出を、楽し気に思い浮かべてみる。




Home/駅名一覧/旅行記一覧