EUC-JP to UTF-8 北陸本線・田村駅

田村駅

(北陸本線・たむら) 2006年9月

  北陸本線といっても田村駅は、大阪方面から来れば北陸はまだまだこれから、というよりむしろ、いよいよここからという雰囲気の駅だ。かつてはこの広い構内で交流機関車への付け替えが行われていたのだから、そう感じるのもむべなるかなである。上り線ホームに降り立つと、向かいにホームがなく、中線のスペースも広いため駅が広々としている。しかし珍しさは感じなかった。用地の手狭なところやタブレット交換駅などでよく見られる千鳥配置なのだった。
  しかしいつも両隣りのホームを見通せたり、頻繁に聞こえる構内放送、向かいからの人々の視線というものがまったくないこの駅は、開放的でのんびりした駅で、時間を過ごしてみると思いのほかいい駅で、 ちょっと気に入ってしまった。

左に広い構内、右に片持ち上屋のホーム。ホームの背後は簡単な柵になっている。 上り線ホームから長浜方面を望む。

列車が来ますとの電照表示。 列車が来るとこんな表示が出る。

ホームの背後に出っ張るように作られた待合室。 待合室。

  上り線の待合室はクリーム色に塗られた木造で、引き戸は木枠に薄いガラスという昔ながらの様相だった。ちらっと覗いてみると、中の長椅子に、浴衣姿のかなり高齢の爺さんが放心したような顔を少し持ち上げるような感じで、どっしりと座り込んでいた。両脇には買い物でいっぱい詰まったスーパーの袋を置いている。でも、もう何時間もここに座り続けているという雰囲気。体が深刻な状況で休んでいるという様子ではない。─かなり異様な感じ。もう長いことここに居るという直感は、当たっていたのだと後でわかった。

左にホーム、右に広い構内、遠くに長浜ドーム。 米原方面を望む。

4階建ての新しい大きな建物。 ホームからよく見える長浜バイオ大学。

背の高い波板の屋根の下には自動車が何台か停まり、その奥に市場の建物。 ホームの裏側にある長浜卸売市場。 もうここは長浜なんだ。

背後が簡単な柵になったホームからすぐ近くの建物が見える。 ホームを米原方向に歩いて駅改札口へ向かう。 左手に写っている建物もかつては駅施設として活用されていたようだ。

斜向かいのホームに停車中の3両編成の列車。 下り線ホームに停車中の419系。 もうこの編成はここで見られなくなってしまった。

跨線橋を見上げて。 跨線橋を支える、鉄骨の力強いやぐらがとても好きだ。

跨線橋階段の側面。 跨線橋の脇に出てきて。 上り線ホームからここまでの通路上には古くに付けられた屋根があり、 その内側には丁寧に蛍光灯が取り付けられている。

左手に平屋の建物、右にちょっとした空きスペース。 跨線橋階段上り口脇にて。 すぐ左手の建物は使われなくなった詰所で、木製の引き戸のある出入口はベニヤ板で覆われている。

大屋根の下から、右手に駅庭、左手に駅舎出入口を見る。 跨線橋階段を降りたところ。 広い面積を覆う上屋が特徴的だった。

簡易自動改札機、券売機、パンフレット棚、奥に窓。 駅舎内へ。

簡易自動改札機とJスルー改札機。 無人駅のため、簡易自動改札とJスルーカード改札機が設置されているだけだ。

サッシの引き戸の出入口と右手に改札機群、上方にアナログ時計。 ホームとの出入口を見て。

  駅舎内には小さな窓口があるが、その向こうは車内清掃などを行うメンテックの詰所になっていて、残念ながらその窓口では出札業務を一切執り行っていない。少し覗くと、くつろいでいる人が二人いるのを見かけた。しかしこの窓口、いかにも出札をやっているように見えるためか、私がここに来たときも間違ってここできっぷを求める人が一人いて、 隣の券売機で買ってくださいと、中にいる人に丁寧に言われていた。この窓口の向こうにはマルス端末もPOS端末もないのだ…。

左手に平屋の建物、右にちょっとした空きスペース。 構内側にあった詰所出入口の田村詰所の表示。 ガラスの目隠しに貼られた紙はなんと1998年のカレンダーで8年前のものだった。

パンフレット棚と小さな四角い窓口。 駅舎内にあるくだんの窓口。

窓の下に据え付けられたこげ茶色の長椅子。 いかにも古そうな据付の木製の椅子。 薄い座布団が端に何枚か置かれていた。

  駅舎内にはそれほど広くもなく、ホーム側と外側に大きな出入口を開けているため、 特に落ち着いたという感じはなかった。古い焦げ茶の長椅子と地元の行事を紹介した、 パソコンで作ったらしい新しい小さなポスターがそれと対照的だった。

妻面に出入口のある瓦葺コンクリートの駅舎。出入口上部に田村駅との表示。 田村駅駅舎。

クリーム色に塗られた手入れの建物。 駅トイレ。あまりに典型的な公衆トイレだった。

下り線ホーム。 跨線橋と駅舎。 ホームと駅舎前の風景。

駐車場の向こうに薄っすら伊吹山が見えている。 駅から出て東側の風景。伊吹山(1377m)がとてもよく見える。 削れている部分があるのは石灰岩の採掘を行ったため。

旧改札口前から見た大屋根と跨線橋階段上り口。 再び構内に入って。駅舎のホームとの出入口付近から見るこの大屋根が印象的。

階段の降り口が明るい外に口をあけている。 階段を上って振り返って。 夏らしい最後の空気に口を開ける、階段の降り口。

下部に黄色、上部をクリーム色で塗った跨線橋内部。 跨線橋内部。一般的な駅の跨線橋とはまったく違っていて、 歩道橋に用いられるような大きく太い鉄骨が使われていた。

広い構内の両端にだけ、線路がある風景。 長浜・敦賀方面を望む。

階段とホームの地面。 下り線ホームへの階段下り口。

ホームと、ホームの背後の木造の壁。 下り線ホームの風景その1。

  下り線ホームはちょっといい雰囲気だった。ホームの背後に木壁が造られていて、屋根とでホームを囲うような構造になっていて、家の中のようだ。木壁には据え付け長椅子がかなり遠くまで伸びている。その白の塗装はもうぼろぼろにはげているし、汚れも目立っていた。
 「それでも、こんな長い椅子で寝てみたいな…。」。
そう感じたのは、さわやかなに晴れた秋の風景を駆け抜ける涼風が吹いたときだった。

斜向かいの上り線ホーム。 向こうに足を下ろす跨線橋。 階段下り口付近から上り線ホームと向こう側の跨線橋階段口を見渡して。

壁に据え付けの長椅子とガラス窓。 下り線ホームの風景その2。
窓はサッシになっているが、 窓からはゆったりした土地活用の風景が広がる。

電照式駅名標。 国鉄サイズの電照式駅名標。

長椅子から見たホームの風景。 下り線ホームの風景その3。

線路の越しに見る駅舎出入口と駅前。ずっと遠くには伊吹山が見える。 田村駅駅舎と伊吹山。

上屋の終わり手前から見た風景。分断されたトラス架線柱。遠くには幾重もの山地。 米原方面を望む。トラス架線柱なのに片持ち架線柱。 もう中線はまったく使われないからだろう。

 この琵琶湖側の下り線ホームからも駅構内から出られるようプレハブ風駅舎が設けられ、中には一通り改札機が揃っている。長浜ドーム利用者のために設けられたのだろうか。今は長浜バイオ大学もこちら側にできたのでよく利用されていることだろう。この出口は正式には臨時改札口と名乗っているが、今では終日利用できるようだ。

波板を載せた簡易な駅舎。壁は白いはめ込みボード。 上屋の終わりのようす。 下り線ホーム側にある簡易駅舎と上屋の始まり。 上屋の小さな妻面にも丁寧に方面案内がある。

後から付け足されたような薄いコンクリート床に簡単な柵のホーム。 簡易駅舎前付近から米原方面を望む。

ホームに立つ駅名標 駅名標。

付け足されたホーム端から見た駅構内の風景。遠くのほうに跨線橋が見えている。 ホーム端付近から長浜方面に構内を俯瞰して。

 下り線ホームを米原方向に歩いていくと、とてものんびりした風景が見渡せた。 田畑や山地に、広い駐車場や真新しい道路、長浜ドームなどが混じり、 かなりの郊外であるものの、どこか都心とつながっていることが感じられる、 不安を感じない田舎の風景。近代的な独特の安心感のある風景だ。 辺り一帯はすっかり刈り入れが終わり、色をやさしい薄茶色に変えている。
─ Harvest(ハーベスト)
という言葉が、ふと浮かんでくる。

刈り入れの終わった田んぼの向こうに痩せた山地。 東側の風景。あの痩せた山地が湖東山地。もう随分古い山地なのだろう。

左に簡易自動改札、奥に焦げ茶の長椅子。 簡易駅舎の中へ。

路線図、券売機。 ホームへの出入口を見て。 駅舎内のようす。 雨が入り込みやすいらしく、簡易自動改札機には特製カバーが被せてあった。

細いスロープを上った先にある陸屋根の小さな簡易駅舎。 田村駅臨時改札口。

左手奥に縦に見る大学の建物、右手手前に簡易駅舎へのスロープ。 臨時改札口の奥の風景。

緑に包まれる沿線。 離れた向こうに長浜ドーム。 改札口からのスロープを下りきって。 右手が長浜ドーム。

  すぐ近くにある県立長浜ドームには空調設備がほぼない。計画では取り付けられる予定だったが、折りしも信楽高原鉄道の事故があり、県の出費に充てるため、取りやめになったと聞かされたことがあった。ここで冬に開かれる長浜盆梅展はよく知られているが、少し考えると、これは暖房を効かせてはならない催事だった。
  ところで、この田村駅は東海道本線で最も琵琶湖畔に近い駅で、こちら側の改札口から少し歩くだけで湖に出会える。駅に降り立った際には湖岸まで歩くのもいいかもしれないが、私はこのとき忘れていた。

  本来の駅舎のある側に戻って、そこから少し歩いた。伊吹山を望む駅前の広い駐車場を過ぎると、白い倉庫のようなカラオケボックスがあり、その近くには自動販売機が並んでいた。道は昔からの集落を貫き、道路脇に通された深い水路が沿っていた。

手前にロータリー、突き当たりに駅舎の側面。 ロータリーから駅舎を。

割と幅のある水路と道。 少し歩いたのち、駅方向を振り返って。

立派な鳥居のある神社。 田村神社。

田舎らしい家と田畑、2車線の道路、青看板。 滋賀県道556号、田村町交差点付近。

  駅へ戻った。田村詰所のメンテックの老年社員が、何かしゃべっている。
 「そう! あれずっといるやろ? わしも気になっててん。 そんでいっぺん聞いてみたろおもて。ちょっ、聞いてくるわ!」
そう言って、引き戸から出かかった体を完全に外へ出して、上り線ホームの待合所へ小走りして行った。やっぱりずっと前から居座ってたんだ。待合所の爺さん。私は…病院から抜け出して好きな食べ物を買いに行った途中なのかとおもしろ半分に考えていた。あるいは、とぼけたのか…。真相はわからないが、浴衣姿というのがいちばんおかしなところだった。しばらくすると、メンテックの人はまったく何事もなかったかのような顔をして、普段通りの速度で歩いて戻って来て詰所に入り、サッシの引き戸をいつも通りに閉めて消えていった。あの人はは幻だったのか。

  駅舎内で少し待った後、白い221系に乗り込み、私はこの駅を去った。構内が広く両ホームがずれた位置にあるため、列車の入線時の音は周囲の風景に溶かされて、音がまったくこもらなかった。かつて北陸線のための交流機関車付け替えのための、広い構内が用意された田村駅に、付け替えのときの鉄の音や指差喚呼の声もなく、こともなげに221系が滑り込んでくるところに、時の流れを感じた。

湖北2 : おわり

湖北2 (目次) :  1 (坂田駅へ)2 (長浜駅へ)3 (米原駅へ) > 4 (田村駅へ:おわり)

  北陸線  
坂田駅 ← 田村駅 → 長浜駅
(米原・大垣方面)   (敦賀・福井方面)

Home線名一覧旅行記による一覧