EUC-JP to UTF-8 関駅

関駅

気動車というのは不思議だ。関駅のように賑やかな道路沿いにある駅でも、 気動車が去ってしまうと急に寂しい雰囲気に包まれるように感じる。 逆に、気動車が来ると、駅が華やかな雰囲気に包まれるように感じるともいえる。 列車が駅に着くと、待っていた人は列車を逃さなかったことを 確認するように着実に乗り込み、 降りる人は慌しく車内で改札を受けて降りてゆく。 一通り乗り降りが終わって扉の安全確認が終わると、 あっという間に折戸をパタンと閉じ、 エンジンをゴウゴウいわせながら去っていってしまう。 どこか急いでいるような感じ。ちょっと無愛想な感じ。 もっとゆっくりしてけばいいのに。 扉が開いたまま人の出入りのない一瞬のシーンが幻のように思われる。 しかし、気動車が去ったおかげで、列車内とは違う、 新しい時間の捉え方を自分に与えられた気がする。

左手に線路内、右手にこげ茶の太い鉄骨で支えられた駅舎の回廊。 上り線ホームから加太駅方面を望む。


駅舎の建物の窓ガラスの枠の下に、薄茶色の一人掛け用の椅子が幾つか並んでいる。 駅舎の回廊の下に設けられた椅子と花の植えられたプランター。


加太駅から7分、関駅に降り立ってまず感じたのは気温が違うということ。 加太駅では冬らしい朝の爽やかな寒さがあったのに、 関駅ではとても過ごしやすい気温になっていた。快適な冷たさとでも言おうか、 体を縮こまらせず、のびのびできる冬の気候だった。

駅前の道路は交通量が多いようで、 駅舎への入口付近に立っていると走行音がわりとよく聞こえた。 コンクリートの庇を鉄骨が支える駅舎の回廊の下を歩き始めると、 回廊を支える並んだ鉄骨の柱が、歩くたびに目に入ってくる。 その柱は錆止めペンキを塗ったままのような色合いの鉄骨で、 ところどころ塗料の剥げているところもあり、 その辺りだけを見回すと都市近郊の2,30年経った駅という感じがした。 遠くをぐるーりと見回してもなんだかぱっとしない晴れた冬の関駅は 少し間延びした雰囲気もあった。

ホームのはずれにある白い平屋の建物を斜めに見て。 上り線ホームを加太駅方面に歩いたところにある信号機室。


灰色の工事用の砕石で仮舗装されたようなホーム。ずっと遠くには山並み。 信号機室を過ぎて。 このホームの端は舗装されず灰色の工事用の砂利で埋められていた。


ホームに二本足で立ったJR西日本様式の駅名標。 駅名標。


降り立った上り線ホームを加太駅方面に歩いてきたが、 先が長い上に何もなさそうだったので引き返してしまった。

左手に白い壁の二階建ての頑丈なつくりの駅舎、遠くに跨線橋。 振り返って亀山方面を望む。


続いて跨線橋へ。

右手に白い壁で瓦葺の、二階建ての駅舎。真中にこげ茶色の線路内、左手には田畑が広がる。 跨線橋から加太方面を望む。


真っ青な空の下に立つ駅舎を裏側から見て。 跨線橋を降り、下りホームから見た駅舎。 こうして離れて見ると鉄骨の回廊が立派に見える。


冬枯れ下大きな木と黄緑色のゴールドクレスト、そしてその前に造られた花壇でできたちょっとした庭。 ホームに造られた庭。


花の咲いた花壇とその背後に立つ「関宿」の木の看板。 庭の花壇。


下り線ホームの加太寄りにはちょっとした庭がしつらえてあり、 その庭の中心をなす、背景にゴールドクレストを植えた、枕木で囲われてできた花壇には 色々なパンジーが植えられていて冬枯れの背景に彩りを添えていた。 花壇の背後には「花いっぱい運動 関宿 商工会女性部」 と書かれた木の看板が立てられていたが、 この「花いっぱい運動」は島ヶ原駅でも行われていたものだった。
しかし、下り線ホームの柵越しに広がる風景を見ると、 駅舎のある側の喧騒がまるっきりうそのように思われる。 駅前が喧騒に包まれているのは、国道1号線があって、 そこを通過していく自動車の交通量が非常に多いためだったが、 こちらは田畑が広がり通行する自動車は見られないほどだった。 関駅のあるこの地は今では宿場町としての役割は終え、 一つの通過点となったのだろうと感じた。

手前は枯れ草や枯れ木で荒れた敷地、その奥には休んだ田んぼが見えるが、少し遠くに山が迫ってきている。 下り線ホームの向こうに広がる風景①


手前から休んだ田んぼが広がる。少し遠くに山が迫ってきてその広がりも途切れている。 下り線ホームの向こうに広がる風景②


ホームに作られた土の部分。冬枯れの木々が一定の間隔で植えられている。背景にちらほらススキが見られる。 下り線ホームの亀山側の風景。


構内外れにある小さく簡単な車庫。 上り線ホーム側にある車庫を下り線ホームから見て。


白い縦方向の桟に黒い毛筆体のプラスティック文字が貼られ「郷愁街道 関宿」と書かれている。 下り線ホームに立てられた「郷愁街道 関宿」の看板。


待合室の中。こじんまりした簡単な待合所で、中には二箇所窓があり、明るい茶色の一人掛け用の椅子が並べられている。天上付近の壁には駅名表もあった。 下り線ホームの待合室。


すじ雲のたなびく空の下にのびゆく二本のレール。中線があったため、遠い構内の先まで線路どうしは離れている。 跨線橋から亀山方面を望む。ずっと遠くにポイントがあることから、構内の広さがよくわかる。


跨線橋から亀山方面を見ると 明るい東海の道が伸びていて、少し胸が膨らんだ。

細長いホームにぽつんと立つ簡単な待合所。プレハブの建物の一つの面を取り除いたような待合所だが、庇はある程度伸びている。 上り線ホームに戻ってきて、下り線ホームの亀山側を望む。


側線の終端から側線を望む。奥の方にごく簡単な造りの車庫がある。 上り線ホーム端にある側線。


鉄筋コンクリートの建物の庇が太い鉄骨に支えられてできた回廊内のようす。右手奥に駅舎への入口があり、その前にきっぷ箱がある。 上り線ホームの回廊に戻ってきて。


駅舎の白いコンクリートの壁に取り付けられた駅名標。 駅名標。


開かれた大きなサッシの引き戸の向こうに見える灰色の床面の駅舎内。もうすでに奥に駅舎の出口がすぐ見えている。 さあ駅舎内へ。


大きいガラス戸を4枚連ねた駅舎内の観光協会。その右隣に肩身狭そうにある小さな友人の出札口。 駅舎に入った右手のようす。観光協会と出札口がある。


小さな窓口。窓口の上には料金表がかかっている。 出札口のようす。


開かれたサッシの引き戸の向こうに、線路を挟んだ向こうにある下り線ホームが見える。下り線ホームの少し奥はたくさんの緑が茂っている。 今入ってきた改札口を望む。


こちらも大きいガラス戸を4枚並べた食事処の入り口。その入口の右には、駅舎内に向かって造られた飲み物を売る小さなカウンターが造られてある。 観光協会の向かいには食事処があった。 コーヒー100円、名物巻き寿司420円。


大きなサッシの引き戸4枚を連ねた食事処の入口。店内右手に長いカウンターがあり、左手はホームの窓に面していて、その横にテーブルと椅子がいくつか用意されている。 店内のようす。


左手に外への出口、右手に観光協会の入り口を斜めに見て。 駅舎出口と観光協会。


駅舎内は食事処と観光協会とが向かい合い、 人の行き交うことのできるのは、それらに挟まれた割と広いスペースだけなのだが、 広さはあるにもかかわらず、そのスペースで列車を待つ、 というようなことはあまりされないようだ。 というのは、食事処も観光協会も大きなガラスの引き戸で、 落ち着いて立って待つことはできないのだ。 そんなときはホーム回廊下にあった椅子に座って待ったり、 駅舎内の食事処でお茶しながら待てばよいのかもしれない。

正面に駅前の駐車場への入口の道路を渡るための短い横断歩道があり、渡った先に観光案内板や「東海道 関宿」と掛かれたプラスティックの背の高い灯篭などがある。右手に国道1号へ出るT字路がある。 駅前の光景。


背景を薄いグリーン、道路を黄土色で表現した大きな観光案内図。 上の写真に写っている観光案内図。


駅を出ると、やや広いアスファルトの敷地を挟んだ向こうに、 国道1号線が横切っていて、とても賑やかな雰囲気だった。 国道を向こうに渡るための歩道橋の欄干に取り付けられた 青い看板には名古屋、四日市までの距離が書かれていて、 その横には国道1号のおむすびまであり、 国道1号という大動脈を途中からちらっと覗いた感じがした。 ちなみに、青い看板には名古屋73km,四日市29kmという距離表示だった。 関西本線の営業キロではここ関駅から名古屋まで65.6km,四日市までは28.4kmとなっている。 駅から出た左手奥にはできたばかりの大きなロータリー式の駐車場が設けられ、 そのさらに奥には垣根を挟んで道の駅が造られてあった。

ロータリーの中央部分とその脇に駐車スペースを作った駐車場。遠くには少し鋭さを削ったような山なみ。 ロータリー式の駐車場。


横向きの桟が入った幅広いひきどの駅舎入口。引き戸と天井の間の部分に「JR 関駅」と掛かれた看板が取り付けられている。 駅舎入口。出札口が中に見える。


先ほどの入口の右手にはつつじの植え込みの中に背の低い自然石に字を彫ったものや黒色の板に白い字で「関宿重要伝統的建造物群保存地区」と書かれた看板がある。 駅舎前は観光地らしい雰囲気。


駅舎の入口の引き戸よりも少し細いものを4枚連ねて造られた商工会義手の入口。 駅舎は亀山商工会議所関支所を併設している。


ほぼ立方体の黒色の箱の郵便ポスト。箱の後ろから棒が上に延びて、その棒に箱のための庇が付けられている。 上の写真右端に写っている本物の郵便ポスト。 書状集箱と書かれていた。


駅舎から出た右手はかなり広々としたアスファルトの敷地で その片隅に屋根つきで平屋の駐輪所が設けられてあり、 敷地のずっと奥には加太駅の駐輪所内にもあった自衛隊の宣伝看板が立っていた。 学生にあてた宣伝だろう。 敷地の国道に近い部分にはすぐに民家があって、 洗濯物なんかがよく見えてしまう状況であった。

左手にほとんど平らに近い薄いV字型になった厚みのある屋根を持つ駐輪所を縦に見て。右手には広いアスファルトの敷地が広がる。その敷地の右端には線路が通っている。 駅舎から出て右手のようす。真中右寄りに見えるのは側線上にある車庫。


白色の壁の鉄筋コンクリート二階建て瓦葺の駅舎。お城風のデザインで、二階にあるすべての横長の窓には白い桟が縦に入れられている。 関駅駅舎①


先ほどの駅舎を左斜めに見て。ちょっと役所のような建物にも見える。 関駅駅舎②


駅舎内に戻ると次ぎの列車は40分後だった。 この機会に関宿の町並みを見に行こうと思い、国道の歩道橋を渡った。

歩道橋から亀山方面に見た2車線の国道1号。大型トラックが何台も行き交っている。左手に7階建ての中規模マンション。 歩道橋から名古屋方面を望む。伊勢湾を越えて太平洋を望むにはまだ道半ば。


歩道橋からよく見えた一棟のマンションがとても気になった。 これから増えていくのかもしれない。 このマンションに住まう人は自動車で職場に行っているのだろうか。 それとも列車で向かっているのだろうか。駅前に一棟だけあるマンションだけに気になった。

歩道橋から鈴鹿峠方面に見た国道1号。道は遠くで少しゆるくカーブし、遠くには少し高い山並みが横たわっている。眼下左手には駅前の駐車場とその奥の道の駅が見える。 歩道橋から鈴鹿峠方面を望む。


歩道橋から国道1号を見渡すと、とにかく大型トラックが多いことに気づく。 多い、というより、ほとんどが大型トラックだった。 こんなものがドルルルルルとうなりながら関駅駅前の交差点を通過してゆく。 静かな関宿はここより一本はずれて並行した道沿いに保存されているらしい。

駅舎と駅前のアスファルトの敷地。左手端に構内を渡る跨線橋がちらっと移っている。 歩道橋を下りる階段途中から見た駅舎と駅前。


ちょっと関宿へ

歩道橋を渡り終えて出た上り坂を直進する。 路面は既に土色になっていて、関宿が近いことを示していた。

土色の細かい砂利をモルタルで固めた路面の坂道。電柱があり、両脇は住宅の様々な塀。 関宿への道。


この道と直角に交わる関宿の通りに出るまでは一般的な住宅街になっているが、 駅から関宿へ行くにはよく利用される道なので、路面が土色に整備され、 地元の人が使うゴミ集積所には不法投棄を防ぐため太陽電池式の監視カメラをつけるなどしてあった。

左手に背の低いステンレス製の扉つきのゴミを格納するゴミ入れ。右手に一本の棒に支えられた黄色い小さな縦長の看板があり、その上にソーラーパネルが取り付けられ、その看板からさらに棒が延びたその上にはカメラが取り付けられたものがある。 ゴミ集積所。黄色の看板には「不法投棄禁止 監視カメラ作動中 亀山市 亀山警察署」と書かれてあった。


完全に色落ちしてはげてしまった細長いホーロー板に古めかしい字で「関町木崎町山田靴店」と書かれてある。 街区表示板。これは復元されたレトロではなく、本物。


上り坂が終わった道。もうすでに美しい瓦葺の町並みが垣間見えている。 関宿の通りと交わる交差点のずいぶん手前。右手にはシルバーゾーンの看板が見える。


左手に木造の家々の軒端、右手にはお城風のデザインの白壁の建物が所々並んでいる。 関宿の風景。
鈴鹿峠方面を見て。


軒端付近に群がる観光客のおばさんたち。 関宿に訪れたおばさんたち。


左手にも右手にも軒を持つ木造の建物が並んでいる。 亀山方面を望む。


軒下の縁台に箱に入れた野菜を陳列しているお店。 軒下で野菜を陳列して売っているお店。 近くにはとてもいいにおいが立ち込める蒸しパンのお店があった。


太秦映画村に行ったことがあった。 そこは関宿よりももっと本来の姿に近く町並みが再現されている。 しかし、この関宿の町並みの方がずっとリアルに感じたし、歩いていて楽しく感じた。 人が今でもここに生活を営んでいるというただそれだけのことが、 ここまで町をリアルにするのだということに気づいたのだった。 地元の人の生活の快適さと観光的な面での保存を両立したと言われる関宿。 それがなければこのリアリティはありえなかっただろうと思う。 完璧に再現するために住む人を追い払ってテーマパークのようにしても、 この関宿のようなリアルさや街歩きの楽しさというのは得られないのであった。
関宿の通りは駅から歩いて5,6分で着く。 下車した際にちょっと訪れてみるのもいいかもしれない。 ここ関町は宿場町としての役目を終えて通過点になった今、 旅人が必要に迫られて足を止めた街から、 新しい街づくりで人々がふと足を止める魅力的な町になっていたのであったのだから。

地面に埋め込まれた、「JR関駅350米」と彫られた小ぶりな大理石。 先ほどの交差点に戻って。


四方に軒を出すように作られた陸屋根の建物。 同じ道を駅へ帰っていくとき、左手に見つけた珍しいお店。


5台並んだ自動販売機を斜めに見て。 上のお店の敷地内にある自動販売機群。 色々な種類がある上にすべて100円だから、飲料調達はここがいいかもしれない。


交差点に出る少し前から撮影。奥の方に駅舎が見える。左手には歩道協和を足るためのカーブを描いた階段。 駅へ帰還。


交差点に出て。奥には駅舎。道路を渡った右手に駅前にはふさわしくないような二階建ての波板の壁の小さな建物。二階部分に窓がない。 関駅前交差点。


駅へ着いて、20分ほど上り列車を待った。 もう人がしだいに集まり始めていて、 回廊下の椅子も所々埋められた。 日は差し込むのだが、冬の弱い光のため少しも暖かくない。 歩いてきたのに急に座ってしまったから、体の冷えも感じた。 長い間待ち続けて、ようやく気動車が到着。 着実に乗り込んで、出発。 次は終点の亀山だから、いったんホームへ降りることになる。

伊勢地方への小さな旅─冬編 その1 | 1(草津線に乗って加太駅へ)2(加太駅) > 3 > 4(亀山駅に降り立って)

Home | 加太駅←関駅→亀山駅